Sumidas Sumidasトップ 両国界隈ガイド
《墨田区の年間観光イベント紹介》
吉良邸跡
〈吉良邸跡〉
回向院
〈回向院〉
「野見宿禰神社」
〈野見宿禰神社〉

《 七福神めぐり紹介 》 ●<隅田川七福神めぐり> ●<亀戸七福神めぐり> ●<深川七福神めぐり>
 ■1月の行事
●隅田川七福神めぐり《1〜7日》 隅田川の七福神めぐりは、約3Kmの道のり。
多門寺(毘沙門天):墨田5-31(03-3616-6002) 白鬚神社(寿老神):東向島3-5(03-3611-2750)
百花園(福禄寿):東向島3-18 (03-3611-8705) 長命寺(弁財天):向島5-4  (03-3622-7771)
弘福寺(布袋尊):向島5-3 (03-3622-4889) 三囲神社(恵比寿大黒天):向島2-5 (03-3622-2672)
の計6箇所のコ−ス。

●野見宿禰(のみのすくね)神社例祭《初旬》 墨田区亀沢2-6
相撲興行の安全を期して、東京場所(1・5・9月)の2日前の毎金曜日午前11時から、日本相撲協会主催で行なわれる。
●七草がゆの会(向島百花園)《7日》墨田区東向島3-18 (03-3611-8705)
1年間の無病息災を願って「七草の会」によって七草がゆを食べる会が開催される。会員のみの参加だが、七草籠は一般に売られる。
 ■2月の行事
●三輪里稲荷初午《上旬》墨田区八広3-6 (03-3612-2297)
初午の日に「こんにゃくの御符」をもらい、煎じて服用すれば、のどや声の病気に神験あらたか。

●能勢妙見堂(のせみょうけんどう)の水行《15日》墨田区本所4-6 (03-3623-2485)
釈迦の命日のこの日、天下太平を祈願しておこなわれる。

●5000人の第九(両国国技館)《中旬の日曜》JR総武線両国駅西口下車すぐ
国技館の両国復帰を記念してはじまったもので、音楽文化による都市づくりを目指す墨田区の一大イベント。

●香梅園梅まつり(香取神社)《下旬》墨田区文花2-5 (03-3612-0878)
広重に描かれた「小村井梅園」を復活した梅園。こじんまりした庭園だが、85種約120本の花梅が公開される。
 ■3月の行事
●春季大法要(東京都慰霊堂)《10日》墨田区横網2-3 (03-3623-1200)
東京大空襲があったこの日と9月1日関東大震災の年2回、大法要が営まれる。

●動物回向(回向院)《春分の日》墨田区両国2-6 (03-3634-7776)
春分の日のほか、盆の中日、秋分の日に、境内の百万頭回向塔でおこなわれる、動物の供養。
 ■4月の行事
●墨堤さくらまつり(隅田公園)《上旬》墨田区向島1・2・5丁目
隅田公園を中心とした隅田川ぞい約1.5Kmに並ぶ桜みごとの一言。

●早慶レガッタ(隅田川)《中旬〜下旬》両国橋から白鬚橋までの4Km勝負を競う早慶レガッタ。
●梅若忌(木母寺)もくぼじ《15日》墨田区堤通2-16 (03-3612-5880)
梅若塚の伝説は、江戸時代に戯曲や小説になった有名な悲話。法要は午後1時から。

●こどもまつり(隅田公園)《下旬》隅田公園周辺が、「こども広場」として解放される。力士たちとの交流相撲など、親子そろって楽しめるお祭り
 ■5月の行事
●ぼんでん祭(白鬚神社)《5日》墨田区東向島3-5 (03-3611-2750)
ぼんでん(梵天)と呼ばれる青竹に紙の御幣をつけたものを舟に乗せ、悪疫退散と水難避けを祈願する。

●検校祭(江島杉山神社)《18日》墨田区千歳1-8 (03-3634-6317)
杉山流鍼術の始祖である神社の創祖、杉山検校の命日をしのんだお祭り。琵琶の生演奏が聴ける。
 ■6月の行事
●白鬚神社例大祭《第1土・日曜》 墨田区東向島3-5 (03-3611-2750)
近年「あおり獅子の舞」が復活し、多くの人で賑わう。大きな神輿が出る本祭は3年に1度。

●隅田稲荷神社例大祭《中旬》 墨田区墨田4-38 (03-3611-7846)
夜にともる万燈のあかりに平和を託して町内を神輿が練り歩く。町神輿も加わって賑やかな行列ができる。
 ■7月の行事
●隅田川花火大会《最終土曜》 260年もの歴史を誇る真夏の夜の風物詩。桜橋〜言問橋間と駒形橋〜厩橋間の2ケ所から、2万発の花火が大輪の花を咲かせる。
 ■8月の行事
●納涼の夕べ(旧安田庭園)《上旬》墨田区横網1-12
旧安田庭園を2日間、開放しておこなわれる。野点、三曲演奏、句会などを楽しむ優雅な納涼会。

●隅田とうろう流し《下旬》夏の風物詩のひちつで約1500個のとうろうがながされる。
●隅田川おどり(隅田公園)《下旬》すみだの川風に吹かれながら、最大級の規模で開かれる盆踊り大会。
●虫聞きの会(向島百花園)《下旬》東向島3-18 (03-3611-8705)
8月下旬の4日間、ひと足早い秋の虫の鳴き声に涼を楽しむ。入園は夜8時半までで、大人150円子供と65歳以上は無料。お茶席(有料)も設けられる。
 ■9月の行事
●白鬚祭り(白鬚神社)《第1土・日曜》墨田区東向島3-5 (03-3611-2750)
5年に一度の本祭り(次は平成14年)は金曜日からはじまり、式典、神輿の奉納に加えて、最終日の本社神輿の渡御でクライマックスを迎える。

●月見の会(向島百花園)《中旬》東向島3-18 (03-3611-8705)
中秋の名月の日をはさんで3日間開かれる。琴の音をバックに名園ならではの観月の会が楽しめる。

●鍼供養(弥勒寺)《15日》墨田区立川1-4
杉山流鍼術の創始者杉山検校の墓前でおこなわれる。

●牛嶋神社祭礼《15日》 墨田区向島1-4 (03-3622-0973)
区内でも最大級の祭り。鳳輦牛車によるパレードもある。本祭りは5年に一度で、次は平成14年におこなわれる。
 ■10月の行事
●すみだまつり(錦糸公園・すみだ産業会館)《第1土・日曜》交通:JR総武快速線錦糸町駅下車
音楽、芸能、展示、バザーなど、内容は盛りだくさん。その年のテーマにそった個性豊かな企画行事も。
前夜祭「ミスすみだコンテスト」(曳舟文化センター)
 ■11月の行事
●秋葉神社鎮火祭《17・18日》 墨田区向島4-9 (03-3622-5502)
江戸時代から鎮火の神として知られ、この日には火伏せの御幣が配られる。境内では素人芝居(秋葉劇団)が奉納される。
 ■12月の行事
●義士祭、吉良祭、元禄市(本所松坂町公園周辺)《第2土・日曜(義士祭は14日)》 ふるくからおこなわれてきた義士祭に加えて、20余年前からは吉良氏の供養も同時におこなわれている。元禄市で掘り出し物を探そう。

<得々情報 ・23区の救急医療機関 ・錦糸町界隈 ・両国界隈 ・浅草界隈 ・深川界隈 ・本所押上界隈 ・亀戸界隈>