Sumidas Sumidasトップ 両国界隈ガイド
《墨田区の隅田川にかかる橋紹介》
《桜橋》
昭和55年11月に工事が始まり昭和60年3月に完成。4月より一般に使用される。日本最初の歩行者専用橋としてX型の美しい橋は墨田区台東区にまたがり名所になっている。桜の季節や早慶レガッタ、隅田川の花火大会などでは、多くの人々で賑わう。また災害時には緊急避難場所としても使われる他目的に利用できる橋である。
《水神大橋》
昭和59年に工事が始まり平成6年に完成。墨田区と荒川区の道路防災連絡橋としての役割を持つ。橋の長さは157Mで暫定道路として、現在は歩行者のみが通行できる。
《吾妻橋》
現在の橋は、昭和6年に完成。墨田区と台東区つなぎ、文学作品によく登場する。芝木好子「葛飾の女」永井荷風「吾妻橋」夏目漱石「我輩は猫である」堀辰雄「水のほとり」森鴎外「百物語」高見順「東橋新誌」など。歌舞伎では「夢結蝶鳥追」の一場面として登場する。
《厩橋》
当初は、明治7年民間の手によって有料橋として架設されるがその後東京府に寄付される。明治22・26・34年と架け替えられ現在の橋は、昭和4年9月に完成。橋の由来は台東区側に江戸時代の幕府の厩舎があったところから、この地にあった渡しが、御厩の渡しと呼ばれこの橋の名になったとされる。
《蔵前橋》
大正大震災後の復興計画で大正13年9月工事が始まり、昭和2年11月に完成。接続道路の関係により使用で出来ず、天皇が東京市の復興状況のため東京都慰霊堂に立ち寄った際渡り初めとして昭和5年3月24日使用開始。橋の名前の由来は、江戸幕府の米蔵が台東区側にたくさんあり地名が蔵前となってそれが橋の名前になったとされる。
《両国橋》
徳川幕府により、万治2念(1659年)本所深川の市街地建設のため架設したのが始まりとされのちに新大橋や吾妻橋も架けられるようになった。最初は大橋のちに武蔵と下総の両国に架かる橋として両国橋と呼ばれた。木造で174Mあったといわれ、現在の橋は昭和7年の架橋で最初の橋から100M上流にある。両国橋といえば赤穂浪士大高源吾と俳人其角との橋の上の出合いの場面が有名である。
《駒形橋》
橋の名の由来は、台東区側にある駒形堂にちなんでつけられたとされる。芥川龍之介の「本所両国」のなかでも書いている、駒形橋は、他の橋と違って橋の途中に欄干が半円にふくらんだ所があり、川を眺めるのに便利である。川を眺めた後、ちょっと足をのばして「駒形どぜう」でもいかが。
《白髭橋》
橋の名の由来は、白髭神社にちなんでつけられた。昭和6年に現在の橋に架け替えられたが以前の木造の橋であったことや、橋銭を取っていたことが、宇野信夫や永井荷風の作品の中に書いている。また、大正大震災までこの近くに日活撮影所があり、数々の名画が生まれ。近代映画の発祥の地といえる。
《言問橋》
橋の名の由来は、伊勢物語の在原業平の歌の「いざこととわん都鳥」の一句に縁をもち、隅田川右岸の待乳山の聖天様、浅草の浅草寺、左岸の長命寺や三囲神社、桜並木も江戸時代からの名所。名物としては、長命寺のさくら餅、言問だんごが有名である。

<得々情報 ・23区の救急医療機関 ・錦糸町界隈 ・両国界隈 ・浅草界隈 ・深川界隈 ・本所押上界隈 ・亀戸界隈>